債務の悩みは杉山事務所にお任せ!|無料相談から始めよう

3人の男の人

冷静な対応が大切

交通事故

車に乗ることが多い方にとって、心配になるのは交通事故のことです。東京は人が多く、狭い道もあるために常に交通事故の危険がつきまといます。もしも東京交通事故を起こしてしまったら、パニックになってしまう前にやらなければならないことがいくつかあります。まずはケガ人がいる場合、速やかに救急車を呼ぶことです。同時に、警察へも連絡をする必要があります。目撃者がいるのであれば、証言をしてもらうために協力を仰ぎましょう。また、加入している保険会社への連絡も忘れずに行う必要があります。このように東京で交通事故を起こしてしまった場合には、素早く済ませておかなければならないことがいくつもあるのです。どちらが加害者か被害者かがはっきりしないような事故の場合は、特に目撃者の証言が重要になりますので、しっかり確認しておくとよいです。そのような事態に備えてドライブレコーダーの設置を済ませておくのもおすすめと言えます。また、その場で示談をしてしまうことは控えましょう。保険会社と話をしてから交渉し、必要があれば東京にいる司法書士に依頼をして話を進めることが大切です。加害者の場合は不当に高額な賠償を請求されたとき、被害者の場合は慰謝料の請求に応じてもらえないときなど、スムーズに事が運ばないケースも少なくありません。そのようなときには司法書士に相談をして、法律の面から交渉を進めることで早めの解決が期待できます。もしものときに焦らないように、交通事故に関する案件に強い司法書士について調べておくのもおすすめです。