債務の悩みは杉山事務所にお任せ!|無料相談から始めよう

3人の男の人

マイナスの遺産を拒否する

相談

家族や親族間で事前にしっかりと話し合いが行われていないと、何かと問題になりやすいのが遺産の問題です。故人の遺言が特になかった場合には法定相続人に遺産相続権が渡るのですが、必ずしも遺産を相続しなくてはならないということはありません。相続放棄の手続きを取ることで、遺産の相続を拒否することも可能なのです。というのも遺産というのはプラスになるものだけではなく、債務などのマイナスとなるものも含まれるためです。例えば被相続人が大きな額の借金をしたまま亡くなった場合、その配偶者や子どもが法定相続人となり、借金を引き継ぐことになるのです。残された借金によって、配偶者や子どもの生活に負担を掛けてしまうことを防ぐために相続放棄という手続きがあるというわけです。このようにマイナスの遺産相続を避けるためだけでなく、親族間の遺産争いといった揉め事に巻き込まれたくないという方も相続放棄の手続きをとってしまうのがよいでしょう。また、自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に決められた手続きを行わないと、相続放棄をすることができなくなってしまうので注意が必要です。手続きの仕方がよくわからないという方は、早めに司法書士などの有識者の方へ相談することをおすすめします。また、3か月の間に相続放棄をするかしないか判断しきれない場合は、こちらも手続きを行うことで期限の延期を認めてもらえる可能性があります。相続放棄について迷いがあるという場合も、早めに有識者へ相談しておくことで様々な対策がとれるのです。